konの薦め!

マンガ、ロードバイク、旅、たまに運用。

*上海での生活*旅の勧め vol.11

不動産に関して

上海には5万人もの日本人が住んでいるが、賃貸用マンションの数はかなり少ない。中国では家を持っていない男は結婚対象にすらならないし、不動産の価格も毎年10%以上上がることも多いため賃貸のニーズが少ないのではないかと思う。実家から通えない学生は安い寮か汚いアパートを複数人でシェアすることが多い。上海には日本のように中間レベルのマンションは無く、どぎつい汚く安い物件か超高級マンションどちらかしかない。そのため上海に派遣される日本人は超高級マンションに住むしかないのである。

勿論会社が許容できる上限はあるので、毎年賃料が恐ろしい勢いで上がっていくことで転居しなければならない同僚が何人もいた。

中国の不動産バブルは恐ろしい。

 

交通に関して

中国では日本と比べてタクシーが安いのでよく乗った。30分くらい乗っても五、六百円程度で、地方に行くと更に安い。中国では車を買える人間は偉いという認識?があるらしく、歩行者優先ではない。多くの運転手の運転は荒く、安物のタバコを吸いまくるので車内が臭い。赤色のタクシーはぼったくりで有名なので乗らないようにしよう。

 

地下鉄もかなり整備されており、大体のところは地下鉄でいくことができる。運賃も非常に安く初乗り40円程からどんなに乗っても70円程度で乗れる。日本と異なるのは改札に交通カードをかざしても自動でゲートが開かないこと。カードをかざした後に手動で鉄の棒を回転させて中に入る必要がある。また、改札の目の前に警察官がいて、荷物を持っている人は飛行場のように荷物を機械の中にくぐらせる必要がある。危険物がないかモニターで確認するわけだ。これらが改札で渋滞を生む原因となり、意外と時間を取られイライラする。

更に異なる点としては、次々地下鉄は来るが時刻表は存在しないこと。車内の座席はカバーがかかっておらず非常に硬いこと。車内をビラ配りと多様な乞食が徘徊することが挙げられる。

慣れると気にしなくなるが、降りる人を待たずに乗車してくるので、降りる際は死にもの狂いにならなければならない笑

あと注意すべきこととして、同じ駅内の他の路線に乗り継ぎの際に尋常じゃなく歩く必要がある。これびっくりするくらい歩くことになります。

こうやってみるとやはり日本の地下鉄とはかなり異なる部分は多いと言える。

 

最後に

中国人女性は毛の処理を一切しない人が殆ど。ということはヒゲはもちろん脇にも毛があるということ。夏場女性の半袖から覗く毛はいつまで経っても慣れなかったね。。