読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駆け出しサイクリストkonのススメ!

マンガ、ロードバイク、旅、たまに運用。

*トラブル続きの旅(上海→蘭州→ラサ)* 旅の薦めvol.3

そんなこんなで出発の日の前日夜。
知らぬ番号から電話がかかってきた。普段知らない番号先からの着信には出ないことにしているが、同じ番号から3度かかってきたため出ることに。
聞こえてくるのは片言の日本語。
ラサ旅行を申し込んだツアー会社からの電話だった。
内容としては、明日の蘭州からラサまでの青蔵鉄道の列車が急遽無くなったとのこと。
正直意味がよく理解できなかった。既に上海の駅で支払いをし、チケットの現物を既に手持っているのに、その列車が走らなくなる!?電車が無くなる理由について尋ねても、旅行会社の人もよくわからないとのことだった。日本では理由不明のまま列車が走らなくなることはないし、そのようなことが万一あっても連絡が前日夜になるなんてことはないだろう。蘭州近辺のエリアで軍事演習でもあるのかなと考えたりもしたが、どうしても青蔵鉄道に乗ってみたかったため急遽対応策を考える。
調べた結果、
・翌日走らなくなるのは蘭州からラサの列車で、隣の西寧からラサまでの列車は問題なく走る。
・西寧からラサまでの列車は残席がある状況(ネット予約可能)
・蘭州から西寧までは230キロ、電車で約3時間
ということがわかった。
そこで当初の予定通り上海から蘭州まで飛行機で飛び、蘭州空港から駅に向かい、蘭州駅から西寧駅まで高鉄(新幹線)で向かい、西寧駅からラサに向かうことにした。
ネット購入を済ませひと安心したのだが、もちろんこれで済むはずがなかった。

旅行当日
無事蘭州空港に到着。
しかしここでまたもやトラブル発生。前夜予約完了したはずの青蔵鉄道のチケットが満席を理由に何故か予約取消の連絡を受ける。間違いなく空席があったし、予約完了画面も出て、確認メールまで来ていた。中国では予約完了となっても予約取消になることがあるので注意が必要だ。

途方にくれたが、ラサでのガイド、宿、許可証の日程は既にフィックスされており、最後の手段として飛行機でラサに向かうしか手は残されていなかった。
航空券は高くラサに夜中の着く便しかなかったが、仕方なく航空券を購入。
飛行機の出発は夜のため、半日蘭州観光することに。蘭州空港は市街から60キロ以上離れているため鉄道を使い蘭州駅へ。
赤土の小山が並び砂漠みたいな景色が続く。
40分ほどで蘭州駅に到着!
f:id:t2131168:20170423205502j:image

f:id:t2131168:20170423211623j:image
駅の地下広場?は綺麗だったが、何故か人が1人もいなかった。

f:id:t2131168:20170423212035j:image

 

蘭州と言えば蘭州ラーメンが何よりも有名。地理的にウイグル地方に近いため、イスラム系の人たちも多く、イスラム教の帽子?である白い皿みたいなものを頭に被っている人が多くいる。やはり上海に比べるとタクシー料金も安く、初乗りが12元だった。また、上海では基本相乗りなど無いが、蘭州ではタクシーそもそも捕まえずらいためか、相乗りは普通。数少ない観光スポットである水車公園までタクシーを使った際も途中で知らんおっさんが相乗りしてきた。
蘭州は街としてはかなり栄えているが、日本人にはそこまでメジャーな土地ではないため1人の日本人も見かけなかった。
蘭州ラーメンは麺がのびのびで日本のラーメンのほうが圧倒的にうまい。写真無くてすいません。。

f:id:t2131168:20170423211218j:image

黄河が街の真ん中に流れているがとても汚い。その中で水遊びをする子供たち。。。
蘭州は観光名所は正直あまり無いので半日の観光で十分だ。
f:id:t2131168:20170423205553j:image

水車公園を一瞬覗き
f:id:t2131168:20170423205753j:imagef:id:t2131168:20170423205747j:image
中山橋という鉄橋を渡り、小さな山の上にある寺まで登った程度。
めぼしいところは見て回り、蘭州空港に戻るため蘭州駅に向かおうとした際にまたまたトラブル発生!
あまりにタクシーが捕まらなく列車の時間が迫っていたため、声をかけてきたバイクの兄ちゃんに連れてってもらうことに。流石にリュックを持った3人を乗せてもらうのは無理だったため、僕ともう1人はバイクで、残った1人は相乗りでタクシーを拾うことに。
渋滞の中バイクはすいすいと進んだが、駅が何種類もあるため、バイクの兄ちゃんが認識する駅と僕たちの目指す駅が噛み合わない。結果駅は見えるがレールを挟んだ反対側に来てしまった。ここでバイクの兄ちゃんが、当初約束した料金の倍払わなければここで降りろと言ってきた。普段ならそんなやつ相手にせずさっさと降りるまたは運転手を詰めていくところだが、そもそも道をこっちだあっちだと指示をしたのが自分たちであったこと、駅は見えているが、ぐるっと一本道を回らなければ辿りつけず相当な時間を要することがマップを見て判明したこと、一本道でタクシーが殆ど走っていない感じだったため、条件をのみ再びバイクに乗ることに。アスファルトの舗装がされておらず道が穴だらけ、かつ、後部座席に2人で乗っているためむちゃくちゃケツが痛いのを我慢しながら必死にしがみつくこと15分で駅に到着。道に迷ったせいで、乗り心地悪いのに倍の料金となったのに加え、電車に乗り遅れることになり散々な目にあってしまった。ちなみに残った1人はその後相乗りですぐタクシーを拾え先に駅に到着し定刻の高鉄に乗車してました。。
すったもんだした後やっと我々も蘭州空港に到着。中国では日常茶飯事なのだが飛行機の出発が3時間も遅れることに。ラサ空港に着く頃には夜中の2時。空港は小さく朝まで滞在は許されないとのため空港から市街までのバスに乗ること1時間。
市街地にはホテルが色々あるが、中国一の旅行サイトCトリップで事前に調べておいた宿がいくら探しても見当たらない。仕方なしに側にある宿に入り部屋を頼んだのだが、なんと外国人は泊められないと宿泊を拒否される。中国では外国人の宿泊が認められない宿が現在でもあるとは聞いていたが、へとへとな深夜3時に断られるとまじでキツい。
日が昇るまでそんなに時間がなかったこともあり、心が折れた僕たち3人は仕方なしに一軒の宿の中庭で野宿をすることに決めた。
f:id:t2131168:20170423205843j:image
しかしラサは標高3000メートル以上。8月とはいえ、夜の寒さは尋常ではない。持ってきた衣類全てを重ねて着ても、あまりの寒さに1時間弱しか寝ることができなかった。
体の芯まで冷えたため朝四時から飯屋に駆け込みチャーハンをほうばる。

まだ夜が空けていなかったが僕たちにはやることがあった。
朝一にラサ駅に行き青蔵鉄道の切符を買うことだ。どうしても青蔵鉄道に乗りたかったので帰路を飛行機ではなく鉄道で行こうと決めたのだ。幸いにもネット上では鉄道チケットの空席が確認できたため席を抑え、念のため朝一に駅にチケットを確保しに行くことにしたのである。
その結果については長くなったのでまた次回に。

*チベットトラブル続きの旅* 旅の薦めvol.2

2016年8月、中国人なら誰しも死ぬまでに一度はいってみたいと憧れるチベットへ行った。

中国滞在してる間、だいたい月に一度旅行をしていたのだが、チベットは1番の特殊な旅先だった。

特殊な理由はもちろんチベットの現代に至るまでの歴史を見ればすぐわかる。

政治的な見解は避けるべく、詳細については省くがチベットに住む人口の9割はチベット人である。一方チベットにいる警察官、軍人のの95%は漢民族であり、2017年現在中国の領土としてその管理下にある。

そのような複雑な環境にあるため、チベット旅行をする際に外国人は様々な制限が設けられている。

 

主な制限とは①チベットには中国政府からの許可証が必要②ツアー会社経由で現地のガイド、車を事前に確保しなければその許可証は取得できない③チベット内においても原則ガイドと共に行動し、事前の申請以外のエリアには行くことは認められない。

といったものである。

そのため外国人である日本人がチベットに旅行する際には恐ろしくお金がかかることになる。

僕は基本バックパックの安旅行が中心であったため、チベットほどお金のかかった旅はなかった。

日本のツアー会社では高くつくため、中国の旅行会社数社に見積りを出し、1番安いツアー会社を選んだにも関わらず上海から4日間のツアーで1万元(当時のレートで約20万円)もかかってしまった。

 

チベットは中国とネパールの間にある広大な土地で西蔵と呼ばれており、ヒマラヤ山脈にも接していることからわかるように、高度が恐ろしく高い土地である。今回向かった先はチベットの聖都ラサ。

日本はもちろん、上海からも直通でラサには行けないし、世界で1番高所を走る青蔵鉄道にどうしても乗りたい!という強い希望があったため、上海からまず蘭州に飛行機で入り、蘭州から青蔵鉄道を丸一日乗りラサに入るというプランを立てた。

大まかなプランは以下の通り

1日目:

上海から蘭州まで飛行機で3時間。蘭州で半日市内観光をし、夕方蘭州駅から青蔵鉄道乗車。

2日目:

夕方まで青蔵鉄道で4000メートル超の眺めを楽しむ。夕方終点ラサに到着。

3日目:

ラサ市内観光。世界遺産ポタラ宮殿、ジョカン寺、メインバザールなど。

4日目:

ラサ郊外観光。

5日目:

昼の飛行機で西安へ。

 

情報をネットで探しまくり、会社の若手2人を誘い日程、旅程を決めるというだけでもかなり時間を要したが、なんとか飛行機、鉄道、ガイドなど一通り抑えることができた。

そしてやっと手に入れた許可証がこちら。

f:id:t2131168:20170416214823j:image

 通常の旅行と比較して遥かに事前の準備、情報収集が必要であり、旅行会社とのやり取りにも神経を使ったため、許可証が無事送られてきた時は皆ではしゃいでしまったほどだ。

その後は荷物の準備などに取り掛かるわけだがこれも、通常の旅よりも色々と気を使わなければならない。

1番の理由はラサの高度にある。標高が4000メートル近くあるため高山病にかかる恐れがあるのだ。

最初は高山病なんだそれ笑、といった程度の認識であったが、高山病について調べれば調べるほど舐めてはいけないものだと考えを改めるようになった。

ラサは富士山の頂上に

 

この時、僕たちはこれから降りかかる苦難の連続など全く知りもしなかった。。。

 

*中国滞在記(上海上陸)* 旅の薦めvol.1

つまらない旅なんて存在しないと思っている。

計画を綿密に立てる旅、無計画な旅、貧乏旅行、リゾートへのバカンスもどんな旅も総じて楽しい。おそらく、非日常を味わえることがその理由だと思う。

 僕は今まで20カ国程度を旅してきた。

行く先はもっぱら東南アジアやアフリカなど新興国が中心だ。

アメリカやヨーロッパももちろん楽しかったが、やはり刺激をより強く感じられる新興国が好きなんだと思う。

 

僕は特にやりたいこともなく金融機関に就職したが、海外で働きたいとずっと思ってきた。そんな折に海外で働くチャンスがやってきた。

15年12月から1年間上海で働くことになったのだ。

短い期間だったが色んなものに触れることができたので適当に書いていきたいたい。

僕は、新興国が好きだが中国はそれまで行ったことがなかった。やはり、反日や領土問題のニュースを耳にし、魅力的な国ではないと旅先から無意識に外していたのだろう。

 

赴任後まず思ったのは空気が汚いということ。

上海に降り立ったのは12月だったのだが、冬の中国の大気汚染は尋常ではなく、すぐに喉を痛めた。

f:id:t2131168:20170412191623j:image

10メートル先が見えなくなることもあり、PM2.5は平気で200を超える。

それでも上海は北京と比較するとましで、北京はPM2.5が400を超えることもざらにある。

なので毎日お天気アプリでその日の汚染指数をチェックするのが日課となる。

因みにPM2.5よりも身体に悪いPM10の数値もよく見る。

f:id:t2131168:20170412195949j:image

こんなにも空気が悪いのだが、中国人はもちろん、日本人も ある程度生活に慣れてくるとマスクはしなくなる。

年にもよるのだろうが、僕のすごした冬は太陽を見ることはほぼなかった。夏は青空が覗くこともあり、一見東京と変わらないように見えるのだが、PM2.5は100を超えることが多い。まぁ冬よりはいいけど。

f:id:t2131168:20170412200542j:imagef:id:t2131168:20170412203138j:image

(日本では通常PM2.5は20もいかない。70を超えたら警報出てヤバいってなるはず)

 

一方で、東京では毎春花粉症に悩まされるのがキツかったのだが、上海では花粉症は全く発症しなかった。

建物ばかりで木がないからかもしれない。

気候は大体東京と一緒。冬は寒く夏は暑くてジメジメする。台風は来ることはくるが、日本ほどではない。

日本と異なり地震がないため、東京とは比にならないほど高い建物が多い。

f:id:t2131168:20170412203008j:image

ぼくのオフィスも50階にあり眺めは最高だった。

中国では未だに足場を竹で組むことが多く、建築工程を隠すこともしないので、建築過程が丸見えとなる。どんなに高い建物もものすごいスピードで建築されあっという間に出来上がる。

中国人曰く、耐震性はほぼないので日本のような地震がきたら全てのビルが崩れるだろうとのこと。

 

気候や建物についてはこんなところで、終わりに中国あるあるを1つ。

「デパートのトイレはだいたいTOTO

 

ではまた。

 

 

 

 

*ROUBAIXに乗ってみた!* ロードバイクの薦めvol.3

先日やっと初ロードバイクを買った。

 

選んだのはSPECIALIZEDというアメリカブランドのROUBAIX DISC ELITE(ルーベ)

自転車に興味を持つようになってから、路上に止めてあるものから道を走っているものまでロードバイクに目が行くようになった。街中ではコスパ優れるGIANTの多いことこの上ない。

僕の買ったSPECIALIZEDは乗っている人は多くないが(それがいい)、実力かなりなもの。

SPECIALIZEDのロードバイクは大きく4つの車種に分類される。

①ROUBAIX②TARMAC③VENGE④AREZ

なんとなく休日のロングライドを想像しており、乗り心地の良いものがいいなと考えていた。また、せっかく買うならアルミよりもカーボン!というよくわからない思い込みがあった。

そのため、エアロバイクであるVENGE、アルミ製のAREZは今回の購入対象から真っ先に外れた。

TARMACはオールラウンド、ROUBAIXはエンデューロという立ち位置にあり、どちらを選んでも使い勝手は良いのだと思う。

最初は速さも出るTARMACを候補に考えていたが、ルーベのデザインに一目惚れ。

店員さんが快適さは段違いと勧めることもあり最終的にはルーベを購入することになった。

 

ルーベは快適な乗り心地を1番に重視した自転車で、フランスの石畳コースから取られた名前だそう。それだけ乗り心地には自信があるようだ。

更に2017年からは新たな機能が搭載、その名も「フューチャーショック」!!

フロント部分にあるバネのようなもので、これがどんな衝撃も和らげるらしい。

f:id:t2131168:20170412195402j:image

店員さんから得意げに説明されても正直すごさはよくわからなかったが、まぁ悪いものではなさそうだ。

 

僕はもともとマットな黒を基調とした色の自転車がいいなと考えていた。そういう意味ではPINARELLOのGANも黒がメインでとてもいいデザインだと思う。

僕の買ったルーベはマットな黒にマットな蛍光黄緑(黄色?)がとても良く映える。

黄色も黄緑も特に好きな色ではないが、あまり街中で見ない色合いがなんとなく気にいり購入した。ロードバイクは派手なものが多いが派手さを抑えたシックなバイクと言えるのではないだろうか。

 

 乗り心地とはと言うと

僕はこれまでロードバイクに乗ったことがないため、正直ママチャリとの比較しかできない。

なので初めて乗った時の感想としては、車体が軽い、ギアの変更に慣れない、道の凸凹が手にダイレクトに伝わってくる、そしてとにかくサドルが硬いっていうくらい。

確かに早いけど、漕ぐのに必死で最初は速さをあまり実感できなかった記憶がある。

 また、もちろん車道を走るのだが、すぐ脇を追い抜いていく車が怖いことこの上ない。

あとは、ハンドサインの使い方が曖昧であること。あっているかわからずなんとなく恥ずかしく感じるので、ハンドサインは殆ど使えていない。

慣れてる人のハンドサインは寧ろカッコよく見えるので、覚えて慣れていきたいものだ。

 

自転車を乗ることは楽しいが、必要なもの、注意することなど、色々な気づきがすぐに生じるようになった。

 

そんなことはまた今度。

 

 

*ロードバイクを買ってみた(2)* ロードバイクの薦めvol.2

前回からの続き

 

3つまで候補を絞り込んだ後も、中々決心がつかなかった。どれもかっこよかったからだ。

PINARELLO GANが30万円、SPECIALIZED TARMAC ELITEは25万円、WILIER GTは24万円と価格的にはやはりイタリアブランドのPINARELLOがやや高い。

コンポーネントやブレーキに関してはどれも基本は同じでシマノ105を搭載。

 

見た目がどれも気にいるなら1番安いWILIERにしようかと思いながらも決めきれず、自転車屋を徘徊する日々が暫く続いたのだが、突如として購入バイクが決まる。

買ったのはSPECIALIZED!

しかし当初想定していたTARMACではなく、ROUBAIX DISC ELITE!!

 

理由は簡単、実物があまりにかっこよかったから。

f:id:t2131168:20170410132129j:image

ロードバイクを始めるにあたって最低限必要なものとして、ヘルメット、グローブ、フロントライト、リアライト、空気入れ、鍵を購入するとあっという間に30万円を超えてしまった。やはり高くつく…

 

更に乗り慣れていないこともあり臀部の痛みに我慢できなくなりレーサーパンツ、時速を測るためにサイコン、形から入る習性があるのでサイクルジャージまで購入!

 

今後もボトルケース、ボトル、ビンディングペダルビンディングシューズなどなど欲しいものはまだまだある。

初期投資以外はあまりかからないスポーツだと思い込んでいたが、ハマるとむしろお金のかかるスポーツだなーと実感するように

 

愛車の特徴、走る楽しさについてはまた今度。

 

*ロードバイクを買ってみた(1)* ロードバイクの薦めvol.1

ロードバイクを買った🚲

 

半年前くらいから、健康のために無理なく続けられるものはなにかと、本格的に考えるようになった。

社会人になってから細胞単位の衰えを感じており、身体の劣化抑制のため運動しようと決意したためだ。

 

とは言うものの、

ジムなどは趣味にはならないし、好きなスノボも冬以外は難しい。ある日の会社の昼休みに、丸の内のビアンキにふらっと入って一気にやる気が出ました!ロードバイク、めちゃくちゃ美しい!!

 

チェレステカラーで有名なビアンキ店舗内には、エメラルドの自転車がずらり。スタイリッシュで自転車とは思えぬ美しさに思わず圧倒される。

その衝撃からか乗ってもいないのに「自転車買う!」とその場で決意。

しかし値段が値段なので、とりあえず情報収集することに。。。

 

自転車ブログ、自転車屋巡りでロードバイクの基本的な常識、ブランドを把握する毎日が始まった。

僕は自転車を買うと決めてから、実際に買うまで2か月以上かかってしまった。

理由は、調べれば調べるほど迷うようになったからだ。

・グレードはどうするか

・どのブランドにするか

主に悩んだ点はこの2点

 

ロードバイクには大まかにエントリークラス、ミドルクラス、ハイエンドクラスに価格帯が分かれており、エントリーは5〜15万円、ミドルは15〜30、ハイエンドはそれ以上というようなイメージ。

 

初めて買う身としてはやはり高い!

ハマるかわからないのだからエントリークラスにすべきか。はたまた、すぐいいものが欲しくなるだろうからミドルクラスにするか。

そんなことを考えながら自転車屋を巡る日々。

 

最終的には自分が気にいる見た目の自転車にしようと決めた。

 人とあまり被りたくなかったので、コスパの良いGIANT、MERIDAは断念。街でよく見るビアンキもなんとなくミーハーかなと選択肢から外した。

数あるブランドから見た目でいいなと感じた以下のブランドに絞る。

PINARELLO

・SPECIALIZED

・WILIER

 ネットの評判などを参考に

PINARELLOはGAN、SPECIALIZEDはTARMAC ELITE、WILIERはGTを選択候補に決めた。

 

最終的に選んだバイクは!!!?

長くなったので改めて書きます。

 

*ドロヘドロ* マンガの薦めvol.1

僕は小さい頃からマンガが好きだ。

毎週20ものマンガ雑誌を読み、ブックオフを1日に5件ハシゴしたりしていた時期もあり、今まで3万冊以上は読んできた。

僕は海外が好きだけど、日本人で良かったと思える唯一のものがマンガだと思う。

 

読後記録も兼ねて、個人的に好きなマンガを紹介していきたい。

 

生えある第一回目の作品はこれ!

ドロヘドロ

f:id:t2131168:20170322201721p:image

中々のマンガ好きじゃないと聞いたこともない人が多いのではないだろうか。

2002年から月刊IKKIで連載開始。現在は月刊火花で連載しており、21巻まで出ている(2017年3月現在)

 

《ストーリー》

魔法使いと人間の2つの異なる世界が存在している。魔法使いの魔法の練習台にされた魔法被害者が多く存在する、スラム街のような汚い人間世界「ホール」。

魔法によって、過去の記憶のないトカゲ男になってしまったカイマンと、餃子屋の美しき店長ニカイドウはカイマンの失われた記憶を求めて魔法使い狩りを始めるが。。。

 

《作品のポイント》

作者林田球はなんと女性!

絵柄が独特で、筆のタッチも一般的なマンガとは異なる(全体的に線が細く、黒く暗い絵柄が世界観にマッチ)

特に表紙が派手でカッコよく、本屋で思わずジャケ買いするほど!(その時から購読を開始)

 

また、登場人物のキャラが際立っており、デザインもスタイリッシュでとても格好良い。

敵キャラが特にカッコよく、愛嬌がありとても魅力的。

 

トーリーは作品名から分かるように全体的にダークでどろっと?笑

しているが、シュールだったり心温まるシーンも多い。スプラッター系で首がちぎれたり、血がほとばしるが、不思議とグロさは感じない。

マンガにはストーリーの過程でどうしても嫌な気持ちになるシーンがあるものが多いが、このドロヘドロはそんな気持ちになることはなく、仲間が死ぬ時すらなんとなく爽快感がある。

魔法使いは自分独自の魔法のみを使えるというのも良い。キャラごとの魔法が全く異なるため、闘いに向いてる魔法、生活に便利な魔法、使いどころが見当たらない魔法など、様々な魔法がある。いくら訓練しても自分の魔法以外は使えないというのがきっちり定まっているのが、少年マンガと異なり単純なバトルマンガとならないのが良い!

 

新刊の出るペースが年々遅くなっており近年は一年に一冊のペースだが、そろそろ物語の締めが近づいているように感じる。

 マンガの終わり方というのは非常に難度が高いものだが、今の調子で終わることができれば個人的にはマンガランキングベスト10に入るであろうマンガである。

 

本屋でも置いていないところがあるくらいなので、購入若しくは満喫で読むことが必要となるが、是非読んでみてほしい。必ず餃子が食べたくなるでしょう。

 

今回はこんなところで

ザッザー

 

ドロヘドロの特徴

・デザイン◎

・ストーリー◎

・キャラ◎

・グロさ○(不快感はない)

・怖さ△

シュール○

・格好よい、可愛らしい◎

・悪魔になりたい○

・自分も自分のマスクがほしい○